フランチャイズビジネスの仕組み

【フランチャイズビジネスの仕組】
フランチャイズビジネスは、事業者(フランチャイズ本部)が、他の事業者(フランチャイズ加盟店)との間に契約を結ぶことによってフランチャイズ本部から、その商標・サービスマーク・トレードネーム等、営業の象徴になる商標を使用してビジネスを行う権利を与えられます。


また、経営のノウハウを用いることによって、同一のイメージのもとで商品の販売や、
その他の事業を行う権利を与えられます。


契約を結んだ、フランチャイズ加盟店は、その見返りとして、一定の対価を支払います。
そして事業に必要は費用を投資することで、フランチャイズ本部からの指導と援助を受け、
事業を継続的に行う、共同事業体という関係になります。

利用するお客様にとっては、同じ名前の看板のチェーン店は、同じ事業者に思えますが、
フランチャイズ店の場合には、それぞれが独立した事業者の経営だということです。

【フランチャイズ加盟までの流れ】
フランチャイズに加盟するには、まず第一に自分に適した業種、業態の事業を見つけることです。


ここが一番大切なポイントです。自分に向いている事業を選ぶことで、将来の成功にも繋がります。


次に、決めた業種の中で、フランチャイズ本部の情報収集と比較研究をして、絞り込みます。


そして、絞り込んだ事業者へのアプローチをして、さらに情報を入手します。
加盟店に契約したい事業者が決まったら、面接・審査を経て、既存の加盟店を訪問します。


自分が事業を始めたい場所の選定をして、物件を取得します。
事業者に事業計画書を提出して、フランチャイズ加盟契約をします。
その後、研修・店舗工事・開店準備を経て、開店という流れです。

【加盟者は経営者】
フランチャイズの仕組によって、加盟店のオーナーになった加盟者は、経営者となり独立します。


本部と加盟店は独立した事業者同士であり、ビジネスパートナーという対等の関係になるのです。
法律的にも財務的にも独立した関係なので、加盟者には単独での独立と同じように、
経営者としての自覚が必要になります。成功するためには、この心構えが大切です。
メリットばかりに気をとられ、加盟後のリスクを考えないで、失敗するケースも少なくないからです。