少ない自己資金でできるフランチャイズ

フランチャイズビジネスを始めるのであれば、なるべく少ない資金で始めたい、
と考えるのは誰もが同じでしょう。一体どのくらいの資金が必要なのか、
はじめにそれぞれの業種で分けてみていきましょう。

konbini.jpg


【小売業】
一般的にフランチャイズビジネスで一番わかりやすい、コンビニエンスストアは、
250万円~350万円くらいが相場です。
印鑑販売は、100万円~300万円。チケットショップは、400万円~500万円。
自動車販売は50万円くらいからあります。
取り扱うものや、揃える設備によって、大きく違いがあります。

【サービス業】
ハウスクリーニングは160万円~200万円。パソコン教室は自宅を利用するもので50万円くらいから、
教室で生徒を集める形式で300万円くらい。クリーニング店は小さな店舗で180万円くらいから。
探偵業は50万円~300万円くらいまでと幅広いです。便利屋は200~300万円。

【飲食業】
ラーメン店は200万円~400万円。居酒屋は90万円~2000万円。コーヒーショップは400万円~800万円程度。
というのが相場ですが、それとは別に設備費が1000万円以上になるなど、多額の資金が必要になります。

業種別にみると、どの業種でも比較的少ない自己資金で始められるものはあるようです。

【まとめ】
大きな店舗を必要としないフランチャイズビジネスの場合は、比較的少ない資金から始められます。
自宅を利用したパソコン教室や英会話教室。たこ焼きやラーメンの移動販売などがあります。
これらのフランチャイズビジネスは、少ない人数でできるという面でもメリットがあります。
便利屋など、店舗が必要ないフランチャイズビジネスも比較的少ない資金で始められます。


また、仕入れの必要がない運送・代行業も、少ない資金から始められます。
幅は大きいですが、探偵業も仕入れの必要が無いので少ない資金で始められるものもあります。

【注意点】
フランチャイズの中には「開店資金ゼロ」というケースもあります。
業者の中には「資金ゼロでOK!」という広告として出しておきながら、
様々な理由をつけて金銭を要求してくる場合もあります。


その場合は、「悪徳業者」である可能性が疑われるので、契約前に十分に契約内容を理解し、自己負担と自己責任について納得がいくまでフランチャイズ本部に質問することが重要です。